2020-10-20

「キッチン家電」はどこに置く?美しく見えて使いやすい「定位置」をつくる家具選び

キッチン周りの収納で特に存在感があるアイテムが「キッチン家電」。
いずれも暮らしに欠かせないほど便利に使えるモノたちばかりですが、
インテリアの面では置き場所に困ることも。

今回は、お客様からのご質問も多い
「キッチン家電の置き場所と家具の関係」についてご紹介していきます。
ぜひ参考になさってくださいね。
 
 

「キッチン家電」を置くときのポイントは?

 
ポイント1:キッチン家電を置くために必要なスペースを確保

キッチン家電は大きなサイズから小さなサイズまでさまざまな種類がありますよね。
キッチン家電のメインとなるオーブンレンジや炊飯器などは場所をとり、
消費電力も高いタイプが多くなっています。

キッチン家電を置くために必要なのは、スペースの確保。
横幅や奥行き、高さなどに合った置ける場所、家電に扉がある場合は開閉に必要な場所、
放熱に必要な場所などスペースをきちんと確保しておくことが大切です。

必要な消費電力に合った専用のコンセントがあるかどうかもチェックしておきましょう。
 
 
 
 


ポイント2:キッチン家電は「使う場所」に合った配置に

キッチン家電を効率的に使うには、「使う場所」を意識して
配置することも大切なポイント。調理に関係する家電だからといって、
全てをキッチンスペースに詰め込まなくても良いのです。

たとえば、お湯を沸かすポットやケトル、オーブントースター、ホットプレートなどは
ダイニングのそばに置いた方が使いやすいのでは。
家電の近くにいる人が率先して動けると、家事を分担しやすくなることでしょう。

また、最近では電気圧力鍋など火を使わず調理できるものもあるため、
ダイニングをキッチン家電の定位置にするのもあり。
小さなお子さんが触れるなど、危険がないよう配慮しながら
置き場所を決めると良いですね。

キッチンからダイニングへ一部の家電を移動させれば、
それだけキッチンスペースにゆとりが生まれます。
料理しやすい環境をつくるためにも、キッチン家電を「使う場所」にフォーカスして
見直してみると暮らしがより心地よくなるはずです。
 
 

 

キッチン家電の「定位置」に。おすすめの家具と置き方

キッチンにこだわらずダイニングにもキッチン家電を置くなら、
家具で「定位置」をつくってあげるとすっきりとした美しいインテリアに。
実は、木製家具を中心とした高野木工でも、
家電を置くのに適した機能を備えているアイテムが多数あります。

お客様からも「ヴィネやカノ、アスターシリーズの天板の上に、
電子レンジや炊飯器などを置けるのか?」といったご質問も多数寄せられます。
そこで、ここではおすすめの家具とその機能や置き方のアイデアをご紹介します。
 
 

スライド棚を求める方に:ヴィネ・ハーベストシリーズ

木製家具のナチュラル感と収納力や機能性を兼ね備えたヴィネ・ハーベストシリーズ。
シンプルなデザインと優しい風合いで人気の商品です。

これらの家具にはスライドの棚がついているので、
蒸気を発する炊飯器やポットなどを置くのにも便利。
さらに繊細な空隙を持つ素材で除湿効果のある「モイス」を施しているので、
結露やカビの発生を抑制する効果が期待できます。
 
 
 

低めのキッチン収納をお探しなら:
カノ ローカップボード・アスターデスクシリーズ

カノ ローカップボード・アスターデスクシリーズは、低めにつくられているので
インテリアに圧迫感を与えず、すっきりと置くことができる人気商品。
こちらの家具は、天板上にオーブントースターや電気ケトルなど
小さめのキッチン家電を置くことができます。

ただ、天板上にそのまま置いてしまうと熱などによる影響が心配。
おすすめなのは、ホームセンターやインターネットなどでも販売されている
「耐熱シート」を敷いてから家電を置くアイデアです。

長く期間木製の家具の上に家電を置くと、水や油染みがついてしまい
汚れが目立つのが気になりますよね。

あらかじめ耐熱シートを貼って保護しておけば、
キズや汚れ、変色などの軽減に繋がることでしょう。
 
 
 
 

■耐熱シートとは?

耐熱シートとは、その名のとおり熱に強いシートのこと。
木製の家具だけでなく、人工大理石もステンレスに使えるタイプもあります。
それぞれの商品によりますが、耐熱にくわえ抗菌性能、吸音効果、
好きなサイズにカットできるなどのメリットも。
色柄がついたもの、半透明の乳白色のものなどさまざまなタイプがあるので、
お好みのものを選んで取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
 

スリムな棚をお探しなら:VINE ヴィネ 120下台

限られた空間でもスリムに置けるのがヴィネ120下台。
天然素材を贅沢に使用したナチュラル感溢れる佇まいが魅力です。
こちらの家具は、キッチン周りやダイニングで
家電を置くのにも適した機能を備えた優れもの。

本体の 塗装には水や汚れに強い特殊ウレタン塗装のタフハードが施されているので、
さっと拭き取るだけでお手入れも簡単。
  
 
 

天板は、木製のほか、メラミン化粧天板や人工大理石などが選べるのも魅力です。
床接地面にはコード穴で配線すっきりとおさまり、コードのもたつきも防げますよ。

大きな扉はスライドタイプになっているので、ダイニングテーブルの脇や、
空間に余裕がないダイニングなどの収納にもおすすめです。
 
 

「家電の置き場」はひとつじゃない。使いやすさを優先して

キッチン家電の「定位置」を使いやすい場所に決めてしまえば、
日ごろの家事もスムーズに進むのではないでしょうか。

キッチン内に置き場所がなくても、ダイニングまで収納範囲を広げれば、
解決することもたくさん。
あなたもぜひ、使いやすく美しいキッチン家電の置き方に
こだわってみてはいかがでしょうか。

 
 

今回ご紹介した商品はこちら

家具の豆知識に関するご相談はこちら

 0942-53-7813 平日9:00~18:00

Copyright © 2017 TAKANO MOKKOU CO. LIG inc. All Rights Reserved.