2021-12-04

「大掃除しやすい部屋」とは?家具選びと整理整頓のコツ

12月に入ると「大掃除をしなくては…」と気忙しくなってくる時期。
早めから少しずつ進めていれば気持ちがラクになる、とわかってはいても
日々の忙しさで上手く進んでいない…という方は多いのではないでしょうか。

年末に慌てないためにも日頃から心がけておきたいのが、
「掃除がしやすい環境づくり」です。
普段から汚れやホコリが溜まりにくい暮らしをしていれば、
そんな負担も少なくなるかもしれません。

そこで今回は、大掃除がはかどる家具選びと、
整理整頓のコツをご紹介します。
ご参考になさってみてはいかがでしょうか。
 
 
 

大掃除がはかどるコツは「家具選び」

普段から掃除のしやすい環境は、大掃除もしやすい環境だと言えます。
それば家具選びも例外ではありません。
掃除しやすい家具を選んでおけば、
日頃のお手入れもラクに素早く進めることができます。

それでは、「掃除のしやすい家具」はどこをポイントに選べばよいのでしょうか。
迷ったら、以下の点に注目してみてください。

・凹凸が少ないシンプルなデザインの家具
・汚れがつきにくい素材の家具
・汚れがついても拭き取ればすぐにきれいになる家具
・カバーなどが洗濯できる家具

たとえば、素材に注目すると木製家具なら防汚性のある塗料が使われたもの、
ソファなら汚れが拭き取りやすいフェイクレザーや
洗えるカバーリングタイプなどが掃除しやすい家具。
日頃からお手入れすることを前提にして、
家具選びの段階から掃除のしやすさを意識してみてはいかがでしょうか。



「掃除しやすい環境づくり」のため家具を一箇所に集める

家具を置き過ぎると、それらを避けながら掃除することになり手間になります。
また、家具と家具の間にホコリや汚れが溜まりやすくなるのも困りもの。
特に分散した収納家具は、掃除をするときに障害物になってしまうこともあり
掃除のしづらさに繋がります。

モノが多くて多くの収納が必要な場合は、
ユニット家具など大容量の壁面収納をひとつ取り入れてみましょう。
家具が一箇所に集まり掃除がしやすくなるだけでなく、
どこに何を置いたのかモノが迷子になることも防げます。
 
 
 

大掃除しやすい整理整頓のポイントは?

1.モノの全体像を把握する
大掃除しやすい環境づくりのために、
日頃の「整理整頓しやすさ」は大切なポイントになります。
まずは、収納棚のなかにあるモノを全て出してしまいましょう。
テーブルの上だけで乗らなければ、部屋の広い場所に
レジャーシートなどを敷いてモノを一箇所に集めます。
この時、モノを全体像を把握するとともに
必要なモノ・不要なモノを分ける作業をしておくと、
その後の収納がスムーズになります。


2.1年以上使っていないモノは省く
必要なモノ・不要なモノを分けるのが難しいと感じたら、
「1年以上使っていないモノ」を目安に省いていきましょう。
ついつい、「いつか使うかも」「もったいない」など
感情で選んでしまうと手が止まってしまうことも。
あくまでも、「本当に必要か」を客観的な視点で判断してみてください。

もともとモノが少なければ、片づけも格段にラクになります。
また、モノを厳選しておくとモノを増やすときにも慎重になり無駄遣いが減る、
なんていうおまけもついてきます。


3.「定位置に戻しやすい」収納場所をつくる
きれいを保つために、リバウンドしない収納方法を取り入れることが大切。
毎日使うモノ、時々使うモノなど、使う頻度によって
定位置をつくると毎日の整理整頓がしやすくなります。

たとえば、毎日使う食器やカトラリーなどはひとまとめにしてカゴへ。
腰から目線の高さくらいの出し入れしやすい場所に収納すれば、片づけがスムーズに。
反対に、寒い季節以外はあまり使うことのない土鍋や時々しか使わない大皿などは、
普段は出し入れしづらい下部の引出し収納などを活用するのもよいですね。
 
 
 

「掃除しやすい部屋づくり」に最適な家具は?

シンプルデザイン、多機能なチェスト

掃除しやすい部屋づくりに最適な家具は、高野木工でも多く取り扱っています。

たとえば、木目の具合や色、北欧風の優しい雰囲気が人気のナチュラルシリーズ。
こちらは取っ手をなくし表面の天板を前板で隠すことで、
すっきりとしたデザインに仕上げました。
凹凸の少ないシンプルな家具なので、ホコリをとったり
軽く拭き掃除をしたりするのもスムーズです。
 
 
 

こちらのチェストは、シンプルなデザインながら機能性は抜群。
収納グッズを使わなくても、衣類などを小分けできる間仕切りが付いています。
 
 

{$block_img_1_alt}

間仕切りがあることで、何がどこにあるのか一目瞭然。 収納する衣類を分けたり、倒れにくくしたりと便利に使える工夫です。

間仕切り板は取り外し可能なので、あなた好みの収納方法を試してみてはいかがでしょうか。
 
 
 

スリムでありながら収納力抜群「薄型キャビネット」

こちらは、ホワイトオークを使用したレッチェシリーズ。
奥行き30cmのスリムな設計の薄型キャビネットです。
キッチンカウンター下、窓下、廊下など設置場所を選ばず、十分な収納量を備えられます。
 
 
 

こちらも、凹凸のないシンプルなデザインなので家具自体の掃除がしやすいすぐれもの。
壁付けすれば床面を大きく見せることができるので、掃除機がけなどもスムーズにできます。
 
 

扉内には移動棚が6枚付いているので、
ワインボトルなど高さのあるモノもすっきり収まります。
扉付きの隠す収納をリビングに設置して置けば、
小物などの置き場所に困らず部屋をすっきりと保つことができそうです。
 
 
 

家具を「掃除のしやすさ」で選べば、暮らしが快適に

デザインや使いやすさはもちろん、
「日頃から掃除しやすい環境がつくれるか」も家具選びの重要なポイント。
家具は暮らしに寄り添うモノだからこそ、
お手入れや掃除などがスムーズに進むアイテムを選びたいですね。
あなたも大掃除を機に、そのような視点でも家具や整理整頓方法を
見直してみてはいかがでしょうか。
 
 
 

今回ご紹介した商品はこちら

商品についてに関するご相談はこちら

 0942-53-7813 平日9:00~18:00

Copyright © 2017 TAKANO MOKKOU CO. LIG inc. All Rights Reserved.